ある日の小さなできごとv

 庭のテーブルに乗せてもらったチャーリー。





 でも、うるさく吠えたので…





 降ろされた^^;





 ま、ただそれだけのことなんですけどね;
 ほのぼのとしてたなー^^




ブログランキング・にほんブログ村へ(文字をクリック)
 ↑
応援しようと思ってくださった方、ポチッとお願いしますm(_ _)m



スポンサーサイト

目を齧られた!

 ある日、いつものようにチャーリーと遊んでいた。
 その時、きっと私がチャーリーの嫌がるようなことをしたのだろう。
 なんと、チャーリーが怒って私の左目に噛み付いたのだΣ




 私は大泣きした。
 母が異変に気づき、すぐに眼科に連れて行ってくれた。

 眼科の先生が言うには、
 「黒目は大丈夫。でも白目のところに星形に歯形がついてますね」と。

 白目に歯形…?
 えーーーっΣ@@;!!




 幸い目はきれいに治ったけど…
 一体私は何をしたんだろうか?/今だに思い出せない




 なんてこともありましたが、おたがい子どもだったので、そのうち忘れて元通り仲良く過ごしました。




 こうしてみると、昔の写真ってピンぼけ多いよね;




ブログランキング・にほんブログ村へ(文字をクリック)
 ↑
応援しようと思ってくださった方、ポチッとお願いしますm(_ _)m



50m走10秒6

 当時、私は体育が苦手だった。

 足も遅かった。
 50m走のタイムは10秒6だった。
 はっきり言って、クラスでもビリに近かった。




 ところでチャーリーは散歩が大好きだった。
 散歩紐を見せた瞬間、玄関の前で狂ったようにくるくる回りまくった。
 そんなに回ったら、散歩紐つけれないっつーの!




 ただ、この散歩。
 普通の散歩ではない。
 チャーリーは走るのが大好きなのだ。
 よって、いつも全力疾走…




 ひたすら走る。




 気づけば、私の50m走のタイムは8秒4になっていたΣ
 (だからと言って、自慢できるほどのタイムではないが;




 冷静に考えると、言うこと聞かない犬に振り回されてるダメ飼い主、なんだけど;
 一応お礼言っとく。

 チャーリー、ありがとーv







ブログランキング・にほんブログ村へ(文字をクリック)
 ↑
応援しようと思ってくださった方、ポチッとお願いしますm(_ _)m



ミーヤ

 猫種:狸と猫のmix/嘘
 性別:♀
 名前:ミーヤ




 ミーヤも私が小学生の頃に一緒に暮らしていた子だ。
 チャーリーと一緒に写っている写真があったので、同じ頃だったのかな?




 我が家では初めての猫だったので、わー、猫ってこんなに柔らかいんだー@@ とか…




 じゃれ方が犬と違う!! とか…






 庭で遊んでるー>▽< とか…




 ほんとに木に登るんだ!? とか…




 いろんな「初めて」があって楽しかったv




 ただ、顔は狸だった@w@







ブログランキング・にほんブログ村へ(文字をクリック)
 ↑
応援しようと思ってくださった方、ポチッとお願いしますm(_ _)m



チャーリー

 犬種:マルチーズ
 性別:♂
 本名:ピンキー
 愛称:チャーリー




 チャーリーは私が小学生の頃に一緒に暮らしていた子だ。

 この子の本当の名前はピンキーというΣ
 実はチャーリーという犬を譲ってもらうはずだったのだが、いざ譲ってもらおうという時、一緒にいたチャーリーの弟ピンキーを私は一目で気に入ってしまい、母に「こっちの犬がいい」と言ってしまった。
 お店の人は「チャーリーの方が頭がいいんだけどねぇ」と言いながらも、快くピンキーを譲ってくれた。

 犬の運命って、こんな子どもの一言で変わってしまうのね…




 さて、お店の人の言葉を聞いて、私はピンキーが頭の悪い子だと思い込んでいた。
 だから、少しでも兄の頭の良さにあやかれるようにとチャーリーと名付けた。




 しかし、チャーリーは頭の悪い子ではなかった。
 うちで飼った歴代の犬の中でも、この子は一番たくさん芸を覚えた。
 まー、おすわりとか、お手とか、そんなものではあったけど。

 あ、そういえばこの檻、鍵をかけてもチャーリーは上手に開けて出て来てたな;/檻の意味ない
  ↓



 チャーリーも私も子どもだったので喧嘩することも多かったけど、楽しい日々でしたv






ブログランキング・にほんブログ村へ(文字をクリック)
 ↑
応援しようと思ってくださった方、ポチッとお願いしますm(_ _)m



ブログサークルコメント

参加ランキング

応援ポチしていただけたらものすご〜く嬉しいですけど、 クリックはお気になさらず〜です^^
最新記事
カテゴリ
プロフィール

たまぞう

Author:たまぞう
 くーちゃんが遺していってくれたうん○を肥やしにを育て始めました。

 桜を育て始めたら、今まで興味のなかった庭も気になりだして、両親が遺していってくれた花や木もお世話するようになりました。

 くーちゃんのいない喪失感の中、リアル羊毛フェルトに出会いました。
 くーちゃんをもう一度抱っこしたくて、実物大のくーちゃんを作ることが私の夢になりました。

 くーちゃんのことを考えてたら、今まで一緒に暮らしていたワンコやニャンコのことも懐かしくなりました。
 当時の写真で思い出を語っています。

最新コメント
ブログ村
人気ブログランキング
リンク
ブログリンク&ブロとも
このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
カウンター