FC2ブログ

キャバリアLv2 胴を作る

7/30

 この辺はLv1とそんなに変わりはないみたい。


 胴ベースを作る。


 

 足先を揃えるようにして手をジョイントする。




 頭と胴をワイヤーを使ってジョイントする。
 首周りと胸にピンクのわたわたをつける。




 首周りと胸にVライン植毛とルーピング植毛をする。
 これも2色使うので、Lv1と比べるとちょっと難しい。
 見本写真と比べると、大分模様が違う…;;

 う… やっぱ模様がいびつ過ぎて笑えるorz




 旦那がこれ見て、「なんでこうなるの? マジで不思議なんだけど」と無邪気に突っ込んで来る。
 なんでって… 知ってたら苦労しないんだってば!




ブログランキング・にほんブログ村へ(文字をクリック)
 ↑
応援しようと思ってくださった方、ポチッとお願いしますm(_ _)m



スポンサーサイト

桜 アオオビハエトリ現れる

7/30

 桜の葉焼けはあるものの、新しい葉っぱも青々と生えて、背丈もさらに伸びた桜♪
 このまま元気に育ってくれよ^^






 いつものように葉っぱを観察していると、見慣れない虫が…Σ
 この庭、ほんとに虫ネタがつきないな(;_;






 害虫だったら大変なので、とりあえず水をぶっかけて追っ払う。

 虫なんて気持ち悪いし勉強もしたくないんだけど、くーちゃんの桜が危機かもしれないとなれば話は別!
 自分で撮影した写真を頼りにネットで検索。

 特徴は「ベースが黒で、お腹に白っぽい帯が入っていて、1cm弱くらいの4本足の虫」??
 なかなかこの特徴に入る虫が見つからない。

 なんとな~く、虫の顔がクモに似てると思ったので検索方法変えたら、そっくりなのが出て来た!
 4本足に見えてるけど、たぶん足が隠れてただけ?(実は8本足らしい


 これは、アオオビハエトリグモ(だと思う)。

 調べてみると…

 ほぼ地上性で、地表、石の上、落ち葉・倒木の上などに多いがアリの多い草や木の上にも姿を見せることがある。
 このクモはアリを捕らえることで有名で、よく蟻の巣の周辺に姿を現す。
 アリを狩る場合、一気に噛み殺すのではなく、ちょっと噛み付いては離して、また噛み付く、という動作を繰り返し、アリが動かなくなったところで運び去って食べる(新海(2006)p.305・藤沢(2009))。
 また、アリが自分の幼虫を運んでいる際に、それを奪うことや、アリが行うようにアブラムシの背中を食指で叩いて蜜の分泌を促し、それを食うことも知られている。


 ひー><。

 そういえば最近桜にアリがせっせと通っていたから、それを狙って来たのかな?
 桜に害はなさそうだけど、アリの天敵ってことよね?
 桜の友達(=アリ)に害をなす者を放っておくことはできないけど、追っ払った後どこかに行ってしまったのですでに消息不明;

 今度見つけたら、どうしよう…
 正直もう二度とお会いしたくないです…




ブログランキング・にほんブログ村へ(文字をクリック)
 ↑
応援しようと思ってくださった方、ポチッとお願いしますm(_ _)m



桜 葉っぱ観察日記

6/24~7/27

 旦那がニコニコしながら、おもむろに「これあげる」と。
 画像データ…?

 どうやら桜の葉っぱを毎日写真に撮っていたらしいΣ
 育っていく葉っぱの様がよくわかって面白い!
 最初は黄緑色のシワシワの小さい葉っぱが、大きくなって生き生きとした緑色になり、最後は落ち着いた深緑色に…
 まるで我が子が育っていくのを見ているようじゃないですか(;▽;


6/24


6/25


6/26


6/28


6/29


7/1


7/3


7/5


7/13


7/27



くーちゃんの桜、これからも大事に育てるからねv




ブログランキング・にほんブログ村へ(文字をクリック)
 ↑
応援しようと思ってくださった方、ポチッとお願いしますm(_ _)m



芝刈り その2

7/30 

 芝がまた伸びて来たので芝刈り(旦那がw)。
 大きな芝刈り機だと端っこがうまく刈れないとうことで、ハンディタイプの芝刈り機を購入して来たらしい。






 充電完了し、嬉々として芝刈りに行った旦那がしょんぼりと戻って来る。
 Σ機械が故障…/またか!

 保証書があったので店で交換してもらえたけど、この店故障品しか売ってないのかー><。

 気を取り直して芝刈りへ(旦那がw)。




 おー、ちゃんと刈れたねー^^


 以前、芝刈りの記事を書いた時、芝生を育てていらっしゃる方がその記事を見に来てくださったらしく、その足跡を辿ってその方のブログを見に行ったのです。

 そしたら、うわーっ…
 芝生ってこんなにきれいに育てられるんだ!?!?@@

 もう、目から鱗というか、芝刈っただけで満足してた自分がちょっと恥ずかしくなりました//>▽<//

 芝の高さが揃っていることはもちろんですが、カーペットみたい!
 色が全然違ってて、鮮やかな黄緑色で生き生きしてる!
 どうやったらこんなにきれいな芝生になるのかしら?

 その方、機械の手入れも入念でして、あー、芝を愛してるんだなー、と思いましたv

 ここまでの芝生にするには並大抵のことじゃないんだろうけど、こんな芝生を夢見て育てられたらしあわせだなーと思いました^^




ブログランキング・にほんブログ村へ(文字をクリック)
 ↑
応援しようと思ってくださった方、ポチッとお願いしますm(_ _)m



夏椿とガクアジサイだったらしい

7/31

 先日ブログに上げた椿っぽい花。
 旦那が「あれ夏椿っていうらしいよ」と教えてくれました。






 夏椿ってどういう花なのかなーと調べてみたら…

 ツバキ科ナツツバキ属の落葉高木、別名はシャラノキ(娑羅樹)。
 日本では宮城県以西の本州、四国、九州に自生し、よく栽培もされる。
 樹高は10m程度、ツバキのように肉厚の光沢のある葉ではなく、秋には落葉する。
 花期は6~7月初旬。
 花の大きさは直径5cm程度で、花びらは5枚で白く雄しべの花糸が黄色い。
 朝に開花し、夕方には落花する一日花である。

 一日花かー… 儚いね。。
 そういえば、花の寿命がやけに短かいなと思ってた;;

 葉っぱが椿餅のと違う思ったのも納得。


 さてもう一つ、上手く咲かないと思っていたアジサイ。
 姉が「たぶん種類が違うと思うよ 、ガクアジサイだったような」と教えてくれました。






 ガクアジサイ?
 アジサイと違うの??
 ということで調べてみると…

 ガクアジサイ(額紫陽花)は、アジサイ科アジサイ属の耐寒性落葉低木、アジサイ(紫陽花)の一品種。
 中心部にある小さな珊瑚状のものが花(両性花)で、その周辺部にある小花のように見えるものは装飾花(萼片)。
 この花の構造が、額縁のように見えるということで額紫陽花(ガクアジサイ)と呼ばれる。

 あー、なるほど。
 咲かないと思ってたのは小さな花で、一部咲いたと思ってたのは装飾花だったのかー…
 納得…

 本当は装飾花が額縁のようにぐるりと小さい花を囲むらしいんだけど。
 来年はもうちょっと立派に咲かせたいねv




ブログランキング・にほんブログ村へ(文字をクリック)
 ↑
応援しようと思ってくださった方、ポチッとお願いしますm(_ _)m



ブログサークルコメント

参加ランキング

応援ポチしていただけたらものすご〜く嬉しいですけど、 クリックはお気になさらず〜です^^
最新記事
カテゴリ & アーカイブ
プロフィール

たまぞう

Author:たまぞう
 くーちゃんが遺していってくれたうん○を肥やしにを育て始めました。

 桜を育て始めたら、今まで興味のなかった庭も気になりだして、両親が遺していってくれた花や木もお世話するようになりました。

 くーちゃんのいない喪失感の中、リアル羊毛フェルトに出会いました。
 くーちゃんをもう一度抱っこしたくて、実物大のくーちゃんを作ることが私の夢になりました。

 くーちゃんのことを考えてたら、今まで一緒に暮らしていたワンコやニャンコのことも懐かしくなりました。
 当時の写真で思い出を語っています。

最新コメント
ブログ村
人気ブログランキング
ブログサークル
みんなの趣味の園芸
G-NHK_20180506080856dbd.gif
リンク
ブログリンク & ブロとも
このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

カウンター